TOP

オタクな僕がギャル風俗嬢達とエッチな遊びをしたときの体験談です。

女の子次第な面は強いけど全てじゃないですね

確かに風俗は女の子の存在はとっても大きな物なんです。だからこそ、誰もが評判の良い女の子を求めて口コミをチェックしたり、良さそうだなって思う女の子を探すためにホームページをチェックしたり。プロフィールを隅々までチェックしているって人もいるかもしれないんですけど、それはそれできっと楽しいんじゃないのかなって思いますし、何より面白いのは風俗って相手によって変わる楽しさがあるからこそ相手選びに力を入れることは良く分かるんです。自分もそうですしね(笑)でも、相手が全てではないのも事実かなって思っています。どんな相手であれ、肝心の自分のテンションやモチベーション次第な面もありますので、相手が自分のために頑張ってくれるような雰囲気づくりこそ、自分自身が考えるべきものなのかなって思うようになったんですよね。ちょっとした配慮ってことですけど、本当にちょっと考えるだけでも全然違うので、風俗は相手だけじゃないなって。


決意したことがある。それはソープだなという決意

ちょっと前にソープで遊んで、改めてソープは最高だなって思いました(笑)根が単純な自分は、どうしても上書き保存されていくので一番新しい記憶が最高って思ってしまう傾向があるんですけど、そんな自分の億丁を差し引いても、やっぱりソープこそなんじゃないのかなって思いましたね。ソープの良さって風俗の中で男が求めていることを楽しめる点にあると思うんですけど、それだけじゃないんです。リラックス出来るし、いわばホスピタリティという点でもソープは風俗の中でも圧倒的なんじゃないのかなって思うんですよね。相手であるお客を満足させるという決意は、他のどの風俗よりも強いんじゃないのかなって思いますので、遊んでいると楽しいんですよ。だって自分が殿様になったかのような時間を過ごせるんです。何から何まで至れり尽くせりで自分のために尽くしてくれることを考えると、ソープは性的な満足感だけじゃなく、他にもいろんな楽しさが待っているなって。